税理士がいれば安心!工夫できる相続税の負担軽減

配偶者や未成年などに認められる相続税控除

相続税の申告において、相続税の負担を軽減できる手段を知っていると有利です。相続税には、負担軽減のためのいくつかの措置が設けられています。税理士はその点について詳しいことから、申告は税理士に任せた方が安心でしょう。相続税の負担は、被相続人が未成年や配偶者、あるいは障害者の場合には軽減が可能ですね。相続人がこれらいずれかの条件に当てはまる場合に一定額での控除が認められているため、相続税申告の際に見逃せませんね。

自宅を相続する場合には相続税減税が可能

相続税の負担が大きいのは不動産であるため、負担を軽減する対策を税理士に任せた方が無難でしょう。例えば相続する不動産が自宅であった場合には、納税の負担を軽減することが可能です。被相続人から自宅を譲り受けるとなると、その土地建物の評価額から一定割合の税金の減額ができます。この税金負担の軽減のためのテクニックを知っていないとかなり大きな税金の負担となるため、念のため税理士に任せてしまった方がお得でしょう。

生前贈与での相続税対策を税理士に相談

相続税の負担は、生前の贈与により軽減が可能ですよ。被相続人が亡くなり相続が発生する前に財産を譲り受けると、相続でなく贈与という形で税金が発生します。生前贈与は世間でも注目を集めていて、実践している人が増えていますね。ただし生前贈与は、タイミングを誤るとかえって納税額が増えるリスクもあります。そのため素人判断で相続税の負担軽減対策を行うよりは、相続税や生前贈与に詳しい税理士に相談し申告してもらった方がより確実です。

相続の申告を税理士に依頼する方法は最適です。書類作成はもちろん、節税対策に関する相談にものってもらえます。