今のうちに知っておこう!相続税のしくみと支払い方法

相続税の仕組みって?

相続税とは、亡くなった故人の所有している財産が、相続人と呼ばれる人に譲渡する際に発生する税金のことです。しかし、相続税は相続する財産の評価額が基礎控除額よりも下回った場合であれば相続税は発生しません。したがって、相続税は相続した人すべてにかかるわけではないということです。日本においては、100人に4人程度といわてれいます。なお、相続税を納付する場合には、故人の死亡より10ヶ月以内であることと、現金が原則となります。

「現金」での納付が原則!しかし例外も

相続税は、現金一括による納付が原則ですが、一部例外が存在します。それは「物納」という方法があります。この方法は、延納という方法によっても相続税を納めることが困難だと認められた場合に出来る方法となります。条件は、延納が困難であることや納付金額が困難な額まであること、納付するものが国内にある決まった種類の財産であること、物納適格財産であること、申請書や手続き書類を期限内までに提出することが条件となります。

相続の申告に必要なものを準備する

相続手続や申告には様々な資料を集める必要があります。まずは法廷相続人確認の書類です。被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄・住民票などが必要です。引越しによる転籍や、結婚をして新しい戸籍になった場合には、それら全ての戸籍も必要です。次に不動産の登記簿謄本や固定資産税の証明書といった不動産関係の書類、故人の預貯金や有価証券の書類、その他の性面保険や会員証書などの書類も財産に含まれることがあります。全ての財産を個人で把握する粉とが困難な場合には、税理士に相談すると良いでしょう。

相続税相談の時期に悩んでいるときには、優秀な経歴を持つ税理士の事務所と顧問契約を結ぶことが有効です。