職業に応じたカードローンの選び方のポイント

自分の好きな所で申し込みをしよう!

カードローンには様々な種類の物がありますが、一般的に利用されているのが消費者金融のカードローンと銀行や信用金庫などのカードローンがあります。このふたつの大きな違いは、消費者金融のカードローンは賃金法による総量規制の対象になっているので、年収の1/3以上は借り入れる事ができません。一方の銀行や信用金庫のカードローンは総量規制対象外になっているので、年収に関係なく申し込みや借り入れる事ができます。つまり安定した収入のある職業の会社員や公務員の人であれば、特に問題がなくどちらでも申し込む事が可能だといえます。自分の好みの問題もありますが、審査の内容にも若干差はあるもののよほど大きな金額を限度額とする以外はさほど問題にはならないといえます。カードローンの審査には年収も大切ですが、これまでの金融事故がある場合にはかなり厳しい審査になるので注意が必要になります。金融事故とは、借入れ金やクレジットカードの支払に延滞があったり、携帯電話の支払いが未納になっている場合には、あまり良い結果は期待できません。

専業主婦でも選べるカードローン

専業主婦の場合には、原則的に収入がないわけですから、総量規制の対象である消費者金融のカードローンに申し込む事はできません。銀行や信用金庫のカードローンの場合には、配偶者に安定した収入があれば大抵は申し込みができますので、選択肢としては銀行か信用金庫のカードローンが理想になります。専業主婦の場合には借入限度額がかなり低く設定はされているものの、審査にはあまり難しい事もないので敷居も比較的低くなっていると考えられます。同じ申し込みをするのであれば、専業主婦でも申込みが大丈夫なのであれば、日頃から取引のある銀行や信用金庫などを利用するのがより良い選択のポイントになります。

収入の少ない人や複数借入れがある人のカードローン

収入はあるが、少ない収入のアルバイトやパートの人や他社での借り入れもある人の場合は、必然的に選択肢は狭くなってきます。どちらにしても収入が真っ先に影響する消費者金融のカードローンは審査に通らない可能性も高いので、銀行か信用金庫のカードローンに申し込みをする事になりますが、その時には特に他社で借り入れがある人の場合には注意が必要です。収入が少ないというだけの人であれば、アルバイトをしている収入がありますので、あまり高額の限度額は期待できませんが、審査に合格をする可能性は充分にあります。銀行や信用金庫の場合には収入面もみますが、返済能力の方に重点をおいているケースが高いので消費者金融とは違った目線での審査にもなります。一方の複数の借入がある人の場合には他社のカードを解約するつもりで、おまとめカードローンを申し込む事が理想になるかもしれません。審査に合格すると他社のカードは解約する可能性もありますが、支払いが1本化になる事で毎月の返済が楽になる利点があります。

カードローンの比較を積極的に比較するうえで、各業者の手数料の相場や返済期間の長さなどに目を向ける必要があります。